No. 84
話数84
タイトルホームレスのすすめ
今日のお客様
約束事
結末

    


No.84への返信

こうすけ>結末無人島にすむことになる  (07月22日21:55)
こん>声の出演、大平透、上田敏也  (09月02日16:32)
キリコJIRTU67> お客様 須藤礼寿  (01月02日11:31)
次郎>結末>無人島に家族と住むことになる  (01月08日21:14)
次郎>結末<<家族と無人島で暮らすことになる。  (01月10日13:06)
一郎>今日のお客様<<須藤礼寿(45歳)サラリーマン  (01月26日20:02)
約束事>あまり深入りしすぎてはいけない。  (04月09日11:03)
>家族全員で無人島で幸せに暮らしている。これも一応ハッピーエンド。  (02月24日23:45)
>名前の由来、ストレス。  (02月27日18:48)
ひろ>何故、このタイトルなんでしょうか?よく分かりません。
詳しいあらすじがあれば納得しますのでお願いします
喪黒の最後のセリフもお願いします。  (03月22日07:50)
喪黒さん>最後は歩きではなく、海なのでアヒルちゃんボートかよ・・今度はせめてモーターボートにしてちょーだい!  (03月30日23:17)
>夢のマイホームが家探しだったのに対し、今度は喪黒さんが一人暮らしをしたいお客さんにお勧めしそうな場所探すお話だからこのタイトル名なんだよ。  (04月13日18:26)
ひろ>タイトルの訳はわかりました。次はあらすじをおしえてください  (04月15日20:20)
>会社員の須藤は中間管理職としての日常を苦痛に感じており、彼の妻も家計のやりくり、息子も大学受験で悩んでいた。喪黒は須藤に安心できるからと言って、ホームレス生活を勧めた。金は使わないのに案外裕福な暮らしだったため、須藤はこの生活に病みつきになってしまい、やがて喪黒に社会復帰を勧められても嫌がった。そこで喪黒は須藤にドーン!!その後、家で妻と息子が絶望していたところに須藤が帰ってきて笑顔で手を差し伸べる。で、一家は家を売り払い、無人島で変わっているとはいえ楽しい日々を過ごしている、ということだ。  (06月20日17:44)
喪黒の最後のセリフ>「こんな厳しい世の中ですから誰もが現実から開放されたいと思っているのです。何しろ、何何と何とやらは三日やったらやめられないって言いますからねぇ〜!オ〜ッホッホッホッホッホ」  (07月02日18:02)
喪黒の最後のセリフ(修正)>「こんな厳しい世の中ですから誰もが現実から開放されたいと思っているのです。何しろ、何何と何とやらは三日やったらやめられないって言いますからねぇ〜!皆さんもいかがですか?オ〜ッホッホッホッホッホ」  (07月02日18:03)
>家を売った金はもはや紙屑同然w  (03月02日17:17)
>いや、尻紙にするって言ってたぞ  (04月03日22:51)
モグちゃん>住めば天国と昼下がりの公園と別世界のヒトのあらすじを教えてください  (09月26日02:27)
ななし>牛乳飲んでる喪黒かわいい  (04月17日11:46)