No. 77
話数77
タイトルクリーン症候群
今日のお客様
約束事
結末

    


No.77への返信

結末>潔癖症の主人公が無菌服なしでは生きれなくなる  (05月13日19:12)
こん>声の出演、大平透、速水圭  (08月06日21:49)
伯母銅鑼>主人公・・清家津寿貴(せいけつづき) 29歳 OL  (10月19日22:07)
ラットル>コイツめ!宇宙飛行士になったよ!まったくもう  (02月23日17:06)
コンボイ司令官>たとえどんなに心のスキマというのがなくても、潔癖すぎるというデメリットがあるのではあのような結末を迎えるしかないだろう。  (02月24日09:52)
>名前の由来、清潔好き。  (02月27日18:45)
>作中唯一、心のスキマを持たぬもの。  (03月28日23:22)
あらすじ男>ラブミー・トンダーのあらすじを教えてください。  (05月19日02:06)
ライトニング>潔癖性な人に恋愛は難しいな  (11月23日19:41)
ではそのラブミートンダーのストーリーについて説明しよう。>サラリーマンの太宰蔵司(34)は職場のマドンナ・マリに好意を持つが、ライバルが多くいつも遠くから眺める立場だった・・・。仕事もロクにできず、さえず、その上金もない・・・。
まさにもてない男であった。
特にキサダという男は、会社一のきざ男で、頭は切れるし、仕事もできるし、しかも彼はそれを鼻にかけて太宰蔵司のことを馬鹿にしていた。
そんな太宰のために、喪黒は恋のライバルを次々と陥れ脱落させていった。やがて喪黒は太宰に忠告した。
「今回のやり方は男らしい正攻法とはいえません。彼女を売るためにやむなく私もお手伝いしたがこれからは去っていたライバル達のためにも男らしく堂々と生きてくださいよ。」
だが太宰はどんな女でも落とせそうな気がするぞと思い、関係ないカップルを罠にかけて愛をヒビに入れることをしてしまう。
やがて喪黒にドーンをされた太宰はマリの部屋に入ることができたのだが彼は突如現れたオカマに無理やりキスされ、それをマリに見られ振られるという悲惨な末路をたどるのだった・・・。
  (02月14日23:12)
ラブミートンダーの喪黒の台詞はこれだ>「男らしく生きるのに何も男の相手でなくても良いのに、遥か原種の時代から、女性をめぐる男達の争いは耐えることがありません。ほーんと、男はつらいよ、ですな。ホーッホッホッホッホッホ。」  (02月14日23:13)
>私、他の人と一緒の空気を吸うのも耐えれないんです
(会社の中で上司に向かって)

普通、クビだろ・・・こんな社員  (02月24日17:32)
>あらすじ 清家は潔癖症だったがそれに悩むそこに喪黒が現れ治したほうが良いと忠告するが追い払う。その帰り暴漢に襲われるが男に助けられる。その男に好意を抱くが清潔と程遠いガテン系の男だったが付き合う事にした。再度喪黒が登場し男と付き合うなら体を求められてもそれに応じるべきだと忠告した、その帰り男と公園でキスを求められるがそれを拒み逃げてしまうその時喪黒が現れドーンをしその後は無菌服で仕事や外出をするようになってしまう。  (07月23日15:56)
>お相手はプロゴルファー猿っぽいおっさん  (07月24日21:27)
>お客様は今では確実に否定されるが、当時の感覚ではあの神経質かつ潔癖症ぶりは、典型的なA型(または限りなくAに近いAB型)のイメージそのものの人。  (03月09日14:27)
ルーネス>度が過ぎる潔癖症は、嫌われる立場になるのかな…  (05月24日20:24)