No. 66
話数66
タイトル離婚倶楽部
今日のお客様
約束事
結末

    


No.66への返信

喪黒マン>お客様<<福水凡(35歳) ホテル宴会係
約束事<<離婚倶楽部でパートナーを見つける際は相手のルックスや財産で判断してはいけない。
結末<<離婚倶楽部で出あった女性(実はニューハーフ)と結婚、新婚生活を送る事になる。  (06月07日22:43)
喪黒マン>声の出演:大平透、島香裕  (08月27日00:24)
>離婚倶楽部で出あった女性が実はニューハーフだった・・・。ということは、ここは結婚生活にて、欠陥だらけの夫や妻などが集う場所?  (11月22日22:58)
ライアン>そもそもなんでこんな結末になったのかと言うと、これにはあるお話のルーツから生まれたものじゃないんだろうか。まずはルーツその1、「結婚したい女」がBAD ENDだった理由は、主人公がルックスや財産などで夫になる人を選ぼうとしたからあのような結末を迎えてしまったんだろうか・・・・。次にルーツその2、「初恋の人」の方だが、最後の方で、貧しい新婚生活を送ってしまったのは、ちゃんと性格を判断しなかったからじゃないのか・・・?  (01月18日20:18)
ライアン>そしてこれら二つのお話に、今度は約束事を取り付けたのが、この「離婚倶楽部」じゃないんだろうか・・・・?  (01月18日20:19)
>本人視点で考えればこれも一応ハッピーエンド。  (02月24日23:41)
>ニューハーフと結婚したが実に幸せそうだった。これも一応ハッピーエンド。  (02月25日15:55)
奥田隼敏>福水凡「いいかげんにしろ!おとなしくしてりゃ言いたいこと言いがって!おれはたねうまじゃないんだぞ!もうがまんの限界だ!誰がこんなにいるもんか出てってやる!離婚だ」  (03月05日16:37)
ファイヤーエン>「福水凡!たまには再婚ってことできねえのか?」  (03月05日21:41)
>名前の由来、覆水盆に返らず。  (03月06日00:08)
奥田隼敏>主夫道と大変愛を教えてくれ  (03月09日14:18)
奥田隼敏>主夫道と大変愛のあらすじを教えてくれ  (03月10日17:51)
チータス>福水 凡怒った顔が怖いジャン!
  (03月11日16:41)
旋風寺舞人>主夫道のあらすじ・・・主夫道のお客様の名前は、梶 大介さん(31才)。サラリーマンである彼は、まだ新婚で共稼ぎの真っ最中だったんだ。例のジンクスと言う奴だからね。でも、彼の女房は共稼ぎを理由に、家事も分担しろっていうんだ!だが、彼は炊事も洗濯も掃除も家事と言う家事はいつも失敗ばかり。何しろ包丁を持てば手は傷だらけになってしまうからね。(『切る』のお話に出てきた、風太さんなんか、かみそりを持つ練習をしているとき、いつもはっと思ったら自分の足を切ってしまってたもんね。)そのせいか、彼の奥さんは軽蔑しきるばかり。そろそろ子供でもと思っているんだけど夫婦仲もしっくり行かないものだし・・・。そのため彼は、帰りずらいので、いつも公園で時間潰ししているんだ。でも今の時代じゃ家事の夫婦分担は当然そのもの。でも彼の場合は家事をやればやるほど家庭不安の原因になってしまうかもしれない・・・。  (03月13日22:01)
旋風寺舞人>主夫道のあらすじの続き・・・喪黒福造は梶さんに家事の勉強をすればいいと、取って置きのカルチャースクールを紹介したんだ。それがこのカルチャースクール主夫道だ!梶さんは、そこで家事についてこのカルチャースクールで学んだってわけさ。おかげで彼の夫婦仲はずっと円満になり、帰り道に冷蔵庫に残っているものでのその日の献立が、頭に浮かぶようになってきたほど。ところが喪黒福造はこんなことを忠告し始めたんだ!彼はあくまでも夫として、奥さんの負担を軽くしくべきだということ。まあ彼が主婦になりきれるかどうかの話だけどね。もちろん主婦に成りきれたようだ!喪黒福造によって、なぜか梶さん本人が子供を産んだんちゃったけどね。  (03月13日22:22)
>主夫道のお客様の名前の由来、家事大好き。  (03月14日19:14)
大奥寿樹>大変愛の結末、主人公が女の子達にもてもてになる。  (03月14日19:29)
ひろ>結末はわかりましたが、もう少し詳しいあらすじをお願いします
そして喪黒の最後のセリフをお願いします  (03月23日07:51)
大変愛のあらすじ>これはとある高校生のお話し・・・。もてうちくんという高校生はいつも女の子にもてないことからもてない君と馬鹿にされていた。そんな彼にとって、アイドルのスズ子ちゃんは憧れの人だった。だが、彼は言ってみれば「狸のオナカ」のお客様みたいに自分のスタイルに悩みを抱えていた・・・。そんな中、彼は「妖しいアンティーク DOLL/MIRROR」に出てきた変奇堂を見つける、そこにはいままで笑ゥせぇるすまんに出て来たグッズがいっぱい並んでいた。もてうちくんは、そこでキューピットの弓矢とハートの首飾りを喪黒から受け取ることに、これにより一度は「雪山惨歌」のときと同じようにビックリカメラに騙されるものの、二度目は誰からも好かれるようになったというわけだ。「モテモテご注意」のようなバットエンドにならなくてよかった・・・。  (06月13日21:06)
喪黒の最後のセリフ(大変愛)>「いや〜、最後はかっこよく決めてくれました〜。私にもちょっと予想外でした〜。しかしモテモテになるというのもけっこうつらいもんなんですがねえ。さようなら、私の青春・・・。オーッホッホッホッホ!」
NEXT EPISODE「・・・・・・マイク!マ・・・おぉっとどうもすみません、二時間番組なんで、初めてですからスタッフも緊張しまして、あのぼく、恋のキューピットもぐちゃんで〜すなんちゃって。次は肉が嫌いという変わった青年のお話(弱肉強食)です。面白いですよ〜!」   (06月13日21:09)
>弱肉強食のあらすじは、食品売り場おじさんの所に書き込みました  (09月29日21:42)
主夫道は…>何故梶さんが妊娠したか

原作のラストで女口調になっていた事からおそらく喪黒さんによって女性にされたのだ  (01月29日10:56)
これが大変愛の主人公の名前だ。>茂手内蛾次郎(17歳)高校生。
声優:山口勝平  (02月15日11:00)
福水正美>子供の頃、最後の「いやあん。「君」だなんて、他人行儀の呼び方はやめてぇ」に大爆笑した。
珍しいハッピーエンド?  (11月19日19:05)
>別にニューハーフや同性愛は欠陥じゃない。時代が時代なだけに、ホモフォビア表現はちらほらあるよね。しょうがないっちゃないが。  (08月29日19:32)
ケシカスくん>喪黒の最後のセリフが聞き取れねぇ!!  (12月02日02:25)