No. 27
話数27
タイトル家の灯
今日のお客様
約束事
結末

    


No.27への返信

喪黒マン>お客様<<加江利宅内(46歳) サラリーマン
約束事<<借りてる部屋に女性を連れ込んではいけない
結末<<主人公が家の中での安住の地を求めて、犬小屋に住んでしまう。  (06月07日21:42)
こん>声の出演、大平 透、岡部政明  (08月06日21:30)
>加江利宅内さんはこの後、湯けむり哀歌にて再び登場するものの、まだ、自宅恐怖症状態です・・・。  (01月01日14:27)
>名前の由来、帰りたくない。  (02月27日18:19)
ラッタッ太>あらすじを教えてくれ  (05月06日07:10)
コンボイ司令官が語る「家の灯」のあらすじ>主人公の加江利宅内(46歳のサラリーマンだ。)は、どうも自宅恐怖症に悩まされていた。なぜなら彼は、8年前に郊外に中古の建売を買ったのだが、部屋を自分の子供達に占領され、本人のいるところがなくなってしまったからだ。犬だって犬小屋があるというのに・・・。おかげでテレビをつけようとすれば受験中の子供達にうるさいと言われてしまうし、家内には給料が安いとかローンが苦しいと愚痴られてしまうしまつだ。これを見かねた喪黒福造は宅内を自分の友人(?)の部屋へと案内させる。そして喪黒は借りてる部屋に女性などを連れ込んではいけないという約束事をつけ、この部屋を宅内にレンタルさせるのだった・・・。だがこともあろうに、どこかの男に追われている女が自分の部屋に割り込んできてしまったのである!おかげで不倫したと勘違いされて家庭崩壊にみまわれてしまう始末!そしてその部屋も海外に転勤していたと思われる人物が出張から戻ってきたため、あやしい人物扱いされてしまったのだ!これにより彼は喪黒の手によって、犬小屋に住むことになってしまった・・・。  (01月19日20:57)
バンブル「司令官!後ろ!」コンボイ司令官「!」>喪黒福造「一家の大黒柱は家の中にあってこそ大黒柱。家庭の重みに耐えかねて逃げ出しても、家に勝る所は、中々見つからないものです。ホーッホッホッホッホ」  (01月19日21:02)
コンボイ司令官>彼があの後どうなったかは、「湯けむり哀歌」のお話を見てくれ!  (01月19日21:03)
ルーネス>結局レンタルした部屋に女性が入り込んでしまい、不倫したことが家族にばれてしまった!  (08月12日11:59)
>犬小屋の中に住むはめになったが、
湯煙で再登場
  (02月23日19:24)
約束事>部屋に女を連れて来てはいけない  (01月01日12:01)