No. 2
話数2
タイトルたのもしい顔
今日のお客様
約束事
結末

    


No.2への返信

"cat">"最後の観音様のシーンがトラウマ"  "(06月07日19:24)"
こん>声の出演。大平 透、柴田秀勝  (08月06日21:18)
喪黒マン>お客様<<頼母雄介(41歳)サラリーマン 部長
結末<<頼りにされる事を苦痛に思っていた所を喪黒福造に助けられ、”観音様”と呼ばれる中年女性を母親と思い甘えてしまう。(しかも妻子がその場におり、それを目の当たりにしてしまう。)  (12月18日20:31)
ウルトラマンアレク>最後の観音様のシーンのところが気になる・・・。  (11月02日22:57)
>頼母雄介さんはのちに湯けむり哀歌に登場したよ。  (01月01日14:17)
大奥寿樹>絶対離婚だな。  (02月12日19:25)
>ドラマ版では最終話。  (02月24日23:50)
>名前の由来、頼もしい。  (02月27日18:33)
>後に観音様と再婚(『湯けむり哀歌』より)。そういう意味ではハッピーエンドである。  (03月16日14:02)
>ドラマでは観音様が原作より美人。  (06月18日00:47)
>頼母さんは
「プロローグ」「白昼夢」「湯けむり哀歌」「夜行列車」
にも再出演しており、お客さまの中で最も登場回数が多い人物。  (11月10日22:59)
>ドラマでは観音様が高橋ひとみが巨大化していて
ひざの上で主人公はくつろいでるところを
見たのは奥さんだけでため息つくぐらいだった。  (12月24日01:39)
ライトニング>奥さんが見た光景は、不気味な中年女性(高度肥満体)に裸の状態で抱かれた変わり果てた男の姿・・・。絶対離婚だな。  (11月07日17:02)
ライトニング(修正)>頼母と名乗る人は、頼もしい顔によってみんなに頼られていたが、彼自身は頼られる事をあまり好んでいない。一度は喪黒の誘いを断る頼母だが、頼られる日が続いた事で苦痛を感じてしまう。避けにかなり酔った彼は喪黒にドーンの刑を受けられ、観音様を自分の母親と思い込み甘えてしまう。
翌日夫が帰ってこない事に疑問に思う妻が見た光景は、不気味で太った中年女性に裸の姿で抱かれている変わり果てた頼母の姿であった。  (11月11日07:33)
セラ>頼母雄介と名乗るサラリーマンの男性は、周りの人に頼られているが、本人は頼られる事を「苦痛」に感じているため、あまり好んでいなかった。酒をたくさん飲んだ事で酔ってしまった頼母に喪黒はドーンを放ち、彼の目の前に観音様が現れ、さっそく甘える事に。
その後夫が帰ってこない事に疑問を感じた妻が見た光景は、不気味で太りすぎの中年女性に全裸で抱かれた彼の姿だった…  (12月03日13:36)
ノクティス>何故周りは頼母ばかり頼る?特に序盤で彼に甘えてきた社員はしつこすぎだ。
それはそうと結末だ。観音様に甘えるが、その正体はでぶでぶとした醜い中年女性で、裸で抱かれている所を妻に見られる。
その後妻と離婚したと俺は思う。  (02月15日05:33)

アニメではハッピーエンド…
その後の頼母の様子では  (02月16日22:38)
ホープ・エストハイム>観音様の正体は、でぶでぶとした醜い中年女性だった。  (02月17日06:53)
フリオニール>みんな頼母に対してしつこすぎだな。
執拗に頼るから、彼は嫌がるんじゃないのか?  (02月18日16:54)
ティナ・ブランフォード>観音様に甘えた頼母だけど、その正体は太りすぎた醜い中年女性だったの。更に頼母は赤子に退化してしまった…。  (03月12日06:53)
ルーネス>結末は…。観音様に甘えるが、その正体は醜く相撲のように太った中年女性だ。しかも妻にそれを見られてしまったんだ。  (07月29日19:18)
マロマウ>頼母さん…カッコよかったのに…奥さん確実に幻滅しただろうな。  (04月18日00:41)